住宅ローンの保険について

住宅を購入する際、必ず保険会社に加入します。
その保険会社とは「団体信用生命保険」を取り扱っている会社です。
団体信用生命保険の内容は、世帯主に生命に関わる危機があった場合、残りのローン残額が0になる保証です。
これは残された家族がローンに困らない様にする為の特別処置です。
保証会社はその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所ケースがほとんどです。
こちらで保証料を負担する必要はないので、安心して住宅を選ぶ事が出来ます。
住宅ローンを組む時はまず審査が必要です。
住宅ローンは最大35年という長い年月の支払いが必要ですので、審査はとても慎重に行われます。
審査の合否判断には約1週間前後かかります。
結果は口頭もしくは電話で伝えられます。
審査に通らないと、残念ながらローンは組めません。
そして、審査が通れば本格的な契約に移ることができます。
契約の時は、銀行側に指示された書類をすべて揃える他実印と諸費用も用意しておきます。
諸費用は借りる額によって人それぞれですが、事前に銀行側から指示されます。
一般的には、数十万〜数百万単位の金額がかかるようです。
住宅を購入する際には頭金が必要です。
頭金は一切かかりません!と言った広告も目にしますが、頭金がなくても確かに購入は可能でしょう。
その代わり、月々の返済額は膨らみます。
返済を少しでも少なくしたいのであれば、やはり、最初に頭金を少し支払いましょう。
頭金の目安として物件価格の20%と言われていますが、住宅を購入すると他の費用もかかりますのであくまでも20%は目安で考え、支払える範囲でやりくりすると良いです。
住宅ローンは長年支払いをする物ですから、ローンを組もうと検討されていた方なら1度は聞いたことがあるローンの名前だと思います。
35年間支払い額が変わらないのが最大の特徴です。
35年という長い間、世の景気に左右されることなく、毎月同じ額の返済ができますので、今大変人気の新生銀行の住宅ローンです。
フラット35のローン審査は、一般的な物と少し目の付けどころが違います。
一般的なローン同様、重要視されます。
それに加え、一般的な住宅ローンと一緒です。
貸付する住宅が、将来価値が上がるか、下がるか。
フラット35の審査は通過するケースが多いと言われています。

新生銀行住宅ローン借り換え研究!大事なポイントは何?【記事一覧】